知って得する制作の裏話

環境配慮型プラスチック 2019/11/20

環境配慮型プラスチック

LINEで送る
Pocket

制作裏話 久々の登場 の 大森 です。

「環境配慮型プラスチック」や「バイオマスシート」、「再生リサイクル」など 最近のお問合せは この関連のものが急増しております。

業界で有名なのは 石灰を使用して化石燃料を減らしたシートや 植物由来の原材料を使用して、分解して土にかえるシートなどですが メーカー様がイロイロあって それぞれの良いところ・悪いところなどがあり、まだ 次世代 素材と呼べるものがないのが現状です。

日々 新しい素材がリリースされるのですが 納期が半年近くかかったり、従来の素材の3倍も5倍もコストがしたり、印刷は出来るのですが加工ができなかったり・・・

そこで 現状 PPFACTORYが検証済みの商品  箇条書きで ご案内いたします。参考までに ご紹介させていただきます。

○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○▲○

石灰主成分PP・・・印刷はほぼ問題なく実施していますが 加工がまだできてません。

バイオPET・・・リサイクル率80%バイオマス率6%  の 商品 問題なく印刷・パッケージ加工終わってます。納期価格 交渉中。

バイオPET・・・ハイオマス度25%バイオマスマーク所得グレード 問題なく印刷・パッケージ加工終わってます。受注生産 最低ロット 4t

再生PP・・・ PPFACTORY 社内生産シート クリアファイル再生70%エコマーク用は常備在庫。受注生産により 高透明・半透明 10~70%まで 厚み0.18~0.6㎜まで対応可能。(要ご相談)

※ すぐ取り組むには 再生PET・再生PPリサイクル系が実績もあり、ハードルも低いのでお勧めです。

お問合せお待ちしております。

 

エコマークの商品 特集記事

ブログカテゴリー

制作秘話 - 最新記事

| プライバシーポリシー | サイトマップ | Copyright (c) 使える、嬉しいノベルティなら PP FACTORY All rights reserved.