知って得する制作の裏話

商品のトンガリ方について、お客様に教わったこと 2019/07/30

商品のトンガリ方について、お客様に教わったこと

LINEで送る
Pocket

皆さんこんにちは!PPFACTORYの櫻木です。
今日はルーラーセットを初めて納めた時のお話をしたいと思います。
今となっては、定番商品に入っておりますが

↓↓↓
A5文具セットシート

当時は作ったことがありませんでした。
親しくお付き合いをさせてもらっているお客様から
「こういうのつくってほしいんだよねー。」
と、ルーラーセットのデザインを渡されたんですね。
長定規と三角定規と分度器がついている、デザインでした。
シートは斜めの線が入っている、
いわゆるスーパーラインを選ばれました。
そして、選んだシート厚は、結構厚めでした。

この厚みがくせもので
量産時苦労する事になりました。
厚いシートに「つなぎ」を残した状態で抜くので、波打つ感じになるんですね。
そのため見栄えも若干微妙な…。

それをお客様にご説明すると「OK。」とのこと。
加工に詳しいお客様だったので、
それが仕方ないことだと理解くださったようで。
「そこはいいですよ。」とのことでした。
このお客様はとても懐が深いというか、
どこまで外しても大丈夫かを、的確にお分かりの方でした。

という事で無事に収まり、しかも再版もいただきました。

そののちしばらくして、ルーラーセットは、
PPFACTORYの定番商品「A5文具セット」
としてデビューすることになりました。

定番品とした時は厚みを少し下げて、
シートも廉価なものに変えました。
(スーパーラインはちょっとお高くなるんですね)

でも厚みの調整とコストの調整を行ったことで、
商品としてのトンガリ感が、
ちょっとなくなったかもとも思います。

お客様が、厚さによるたわみについて
「そこはいいですよ。」とあえて捨てた意味が、
ちょっとわかった気がします。

ブログカテゴリー

制作秘話 - 最新記事

| プライバシーポリシー | サイトマップ | Copyright (c) 使える、嬉しいノベルティなら PP FACTORY All rights reserved.