知って得する制作の裏話

PPマスクケースが売れた理由 2019/06/12

PPマスクケースが売れた理由

LINEで送る
Pocket

こんにちは!PPFACTORYの櫻木です。

今日はPPマスクケースが、

初めて大ロット(12万部)でご採用いただいたときのお話です。

我々の商売は、BtoBto…Bでございまして、

同業(印刷会社)や代理店を通じて、ご採用頂くのですが、

その際採用頂いたのは、とあるコンビニチェーン様でございました。

時期は、PPマスクケースがデビューして半年ぐらいの出来事であったと思います。

いまでこそPPマスクケースは、

マスクや風邪薬関連のノベルティに普通についてきますが、

販売当初は「そんなものいるの?」「だれも使ってないじゃん?」

みたいな雰囲気でした。

なので、

「マスクケースの提案は喜ばれる。」という事を、

私たちのお客様(同業や代理店のご担当の方)に

感じていただけるようにする事が必要でした。

で、その時お伝えしていたことは、

1.使ったマスクをそのままポケットに入れるのは、汚くないですか?

  周囲の方、特に女性に、

  あまりよい感情は持ってもらえないのではないでしょうか?

2.マスクケースは、そんな場面でお役に立つ商品ですが、

  わざわざお金を出しては買わないかもしれません。

  でも、タダでもらえるなら、喜んでいただけるのではないでしょうか?

3.大ロットになると、価格帯、納期がクリアファイルと被るので、

  今まで大ロットのクリアファイルをつくっている

  お客様(我々から見て最終クライアント)は、

  代替商品として採用しやすいのではないでしょうか?

でした。

この話を繰り返し繰り返しして、

提案アイテムに加えて頂いたのを記憶しております。

 

新しい商品はお客様の心の垣根をどう降ろしていただくか、

お客様にその商品を好きになってもらうか、

そこがポイントだと思った事例でした。

 

ブログカテゴリー

制作秘話 - 最新記事

| プライバシーポリシー | サイトマップ | Copyright (c) 使える、嬉しいノベルティなら PP FACTORY All rights reserved.