Q&A
  1. HOME >
  2. よくある質問
最低ロットはいくつですか?
クリアファイルは、1000部から承っております

よくある質問TOPへ


発注の際にはどのようなデータをつくればよいのですか?
商品詳細のページにテンプレートをご用意しているものは、そのテンプレートをベースにデータ作成をお願いいたします。白版が必要な場合は、白版も作成お願いします。
詳細のご説明はコチラをご覧ください

よくある質問TOPへ


色校正はどうとりますか?
お客様のご予算により、簡易校正(DDCP等)、本紙校正(PPを使って校正機で色校正)、実機校正(本番で使う印刷機で色校正)の3種類の校正をご用意しています。またレンチキュラー商品については流れが異なりますので、案件ごとにご説明申し上げます。

よくある質問TOPへ


白版はどうして必要なのですか?
クリアファイルをカラーインキ(CMYK)で印刷すると、色はつきますが、そのままでは半透明になり、中が透けて見えてしまいます。そのため、中を透けにくくしたい部分は、不透明である白インキを印刷して地色にして、透けにくくします。この場合に白版が必要になります。なお、地色を白にする理由は、通常の紙の印刷では紙の色が白いからです。

よくある質問TOPへ


クリアファイル(クリアホルダー)の材料は何ですか?
絵柄つきのノベルティ用クリアファイルをつくるときは、ほぼ9割以上が半透明、0.2㎜厚のPP(ポリプロピレン)の印刷用シートがつかわれています。PP FACTORYでは、自社工場でこの印刷用シートを生産しています。また、高透明PPやPETでのご注文、再生PETや再生PPでのご注文も頂いています。

よくある質問TOPへ


エコマークはどの商品に使うことができますか?
PP FACTORYがご提供する商品のうち、ノベルティ用A4クリアファイルとPPバッグはエコマークを取得しています。他のサイズのクリアファイル、クリアケース、レンチキュラー商品、クリヤーブックは別途取得申請する必要がございますので、あらかじめご相談ください

よくある質問TOPへ


クリアファイル(クリアホルダー)はどのように印刷するのですか?
ノベルティ用クリアファイルは通常、PPシートの裏側から、セット4色(CMYK)+白+ニスの順番で、逆像の状態でUV印刷します。ですので、表と裏に絵柄があっても、お値段は同じになります。

よくある質問TOPへ


ニスは必要ですか?
印刷面保護の為、絵柄のある部分へのニス引きコーティングをおすすめします(標準仕様)。

よくある質問TOPへ


クリアファイル(クリアホルダー)の印刷は片面ですか?両面ですか?値段は違いますか?
PP FACTORYでは、PET、PPなどの透明・半透明シートは、印刷シートの裏側(クリアファイルにしたとき内側になる側)に印刷します。クリアファイルに加工するときは、このシートを打ち抜き加工して、中心線から折って底辺を超音波で圧着します。ですので、片面にも両面にも同じお値段で印刷できます。

よくある質問TOPへ


UVオフセット印刷とシルク印刷の違いは何ですか?
UVオフセット印刷は、印刷がアミ点で表現されるため、多色刷、写真や文字、グラデーションに向いています。シルク印刷は、色の厚盛りや、単色でベタの隠蔽性を高めたい時に向いています。また、ラメインクをつかいたいときなど、オフセットではできない表現ができます。ということもあり、同じ色数で比べた場合、UVオフセットのほうが断然安く・スピードも速いです。

よくある質問TOPへ


特色印刷の色の指定はどのようにしたらよいですか?
色チップ(DIC、パントン)番号でご指定ください。

 

よくある質問TOPへ


クリアファイルはどのように加工しているのですか?
打ち抜き加工をして、中心線から折って、底辺の部分を超音波で溶着して出来上がりです。PP FACTORYでは、PPシートの製造、印刷、打ち抜き加工、超音波溶着まで社内一貫生産で行っています。

よくある質問TOPへ


超音波圧着部分(クリアファイルの下のギザギザの部分)にも絵柄を入れられますか?
超音波圧着部分(クリアファイルの下のギザギザのと部分)にも印刷できるので絵柄を入れることができます。ただし、ギザギザによって絵柄が見えにくくなるのと、貼り強度が若干低下する傾向が見られますので、標準テンプレートでは、この部分に絵柄を入れない仕様になっています。

よくある質問TOPへ


アッセンブリー(1部袋入等)はできますか?
対応させていただいております。お見積時に合わせてご用命ください。なお袋代は別途になります。

よくある質問TOPへ


モーフィング、レイヤー3D、チェンジング、フルデプスに対応できますか?
PP FACTORYでは、自社製のレンチキュラーレンズ(材質ポリプロピレン)を用いて、モーフィング、レイヤー3D、チェンジング、フルデプスの製版・印刷に対応しています。

よくある質問TOPへ


自社製レンチキュラーレンズの標準在庫はありますか?
PP FACTORYの自社製レンチキュラーレンズは、天地540㎜左右680㎜サイズ、長辺に平行にレンズがきざまれてるシートで、0.3㎜厚(100線/lpi)と0.43厚(75線/lpi)の2種類を標準在庫しております。ただし、PPシートには寿命がありますので、在庫状況は常に変動しております。大量ロットのご注文時は、あらかじめ在庫状況の確認をお願いいたします。

よくある質問TOPへ


提案用の画像データはありますか?
ご提案用画像資料』より、圧縮したデータファイルにて、商品ページにある商品の画像を用意してあります。別途、角度など指定がある場合はサンプルをご依頼いただくか、詳細の方をお問合せ下さい。出来る限り協力させいていただきます。
ページの先頭へ
  • お問い合わせ
  • データ入稿

お問合せはこちら

受付時間フリーダイヤル