知って得する制作の裏話

クリアファイルの白版と色透明について 2022/08/26

クリアファイルの白版と色透明について

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
PP FACTORYの大山です。

今回は、白版についてのお話です。
クリアファイルを作成するにあたり、必ずといっていいほど出てくる【白版】という単語。
皆さまご存知でしょうか?


■クリアファイルが出来上がるまでの流れ
PP FACTORYのクリアファイルの作り方として、

①専用のPP(ポリプロピレン)シートに印刷
②クリアファイルの形に抜く
③2つ折りをしてクリアファイルの下を超音波溶着→→→完成!

という基本的な工程があります。
印刷は、シートの裏から、4c(CMYK)フルカラー印刷→白版→ニスの順番で行う事がほとんどです。
4cは絵柄の色で、ニス引きは表面保護のための必須工程。

では白版とは?

 

■白版とは
一言で表すと、、、クリアファイルの発色を良くさせるために必要なものです。
白版があるのとないのとでは、色の見え方が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見え方がまるで違いますね。
白版を入れると、より鮮やかに! 白版を入れないと、色透明になります。
あえて色透明にするデザインもございますので、
データ作成の際は白版をどこに入れるかがポイントになってきます!

 

■白版の活かし方

◎全面白版を入れて見やすい、読みやすい クリアファイルに
◎あえて白版を入れず、全面色透明に
◎白版を入れる部分と入れない部分で分けて、少し凝ったデザインに

デザインの仕方は、さまざまです。
PP FACTORYにはデザイナーもおりますので、
白版の作り方で迷いやご不明な点がございましたら、いつでもご相談ください♪

 

| プライバシーポリシー | サイトマップ | Copyright (c) 使える、嬉しいノベルティなら PP FACTORY All rights reserved.